老けて見えるひじの黒ずみを解消したい!

アラフォーになってから、肌の黒ずみが気になってきてしまいました。

若い頃と違って代謝が悪くなっているせいか、ちょっと日焼けしたりすると、色素沈着が元に戻りづらいんですよね。
そのため、日焼け防止にはとても気を遣っていました。

ところが、ある時チラッと自分の後ろ姿が見えた時びっくりしてしまいました。
日焼け対策は万全で白い肌なのに、ひじがくすんで黒ずみが目立っていたんです。

そのせいでかなり老けて見えるような気がして、ショックを受けました。

なんとかそれを解消したいと思い、集中ケアを始めてみることにしました。

まず毎日のバスタイムで、石鹸をよく泡立てて優しく洗うことにしました。
ボディソープはくすみ対策用の洗顔用石鹸に変え、サッと泡を滑らせる程度だったのを泡パックのように使うことにしました。

そして、週に一~二回はスクラブやゴマージュなどで角質ケアをしています。ムダ毛処理でできてしまう埋没毛にも角質ケアが大切です。(埋没毛埋もれ毛

それまでお風呂上がりのケアは、だいたい尿素などが配合されたクリームやローションを適当にササッと塗って終わりだったんです。

それを、ホワイトニング効果を謳っている化粧品に変えて、念入りに馴染ませています。

その他には、普段の生活習慣、特に机やテーブルなどにひじをつかないように気をつけています。

効果はまだハッキリと実感するほどではありませんが、最初に気づいた頃よりはだいぶ良くなってきたかな、と感じています。

このまま継続的にケアをして、最低でも悪化することなく現状維持していけたらと頑張っているところです。

どうしても忘れがちになってしまう乾燥肌対策

冬場に暖房をつけると、室内が非常に乾燥してしまいます。加湿器をつけて乾燥対策をしていますが、それでもまだまだ部屋の中は乾燥しています。その結果、当然のことながら肌も乾燥がちになる結果になります。気が付くと腕や足などをかいています。かゆみのあるところを見てみると、白く粉がふいたようで、カサカサしています。かゆみがひどいので、慌ててドラックストアで買ってきた肌水をつけると、何とかかゆみも治まって肌に潤いも出てきます。

プラセンタの原液100%美容液もすごくいい感じです。お高い値段ですが安いドラッグストアの肌水よりいい感じではあります。
(こちら⇒プラセンタ美容液

お風呂上がりやかゆみの出る前に肌水をぬっておけば、ここまでかゆみが出たりする事はないのですが、面倒くさがり屋の私はつい忘れがちになって、かゆみが出てからぬるということになってしまいます。鏡を見ると、顔から粉のようなものがふいていることもあり、その時も慌てて化粧水をたっぷり塗りまくります。そうすると落ち着くのですが、乾燥していると分かっていても前もって肌をケアする事は忘れがちになってしまいます。

乾燥は冬だけなので、せめてその時期だけでもしっかりケアしないととは思っていますが、実際には本当に難しいです。

一点集中でかいてしまう私のへんな顔汗の悩み

女性にとって顔汗の悩みは割と深刻だと思います。せっかく朝バッチリメイクをしても、顔にダラダラと汗をかけばメイクは崩れ、悲惨な状況になってしまうので。

私は脂性でも汗っかきなほうでもないのですが、それでも夏には顔汗はかきますし、妹や友人なんかはメイクしても夕方にはまるでスッピンみたににメイクは落ちていると嘆いています。

私は顔汗によって(特に夏場ですが)ファンでがよれたり、ファンデが毛穴落ちするのが、見た目も汚くて悩みです。

昔テレビか何かで、歌舞伎役者は顔に汗をかかないように意識しているから汗をかかないと聞きました。それを知って以来、私も顔に汗をかかないように意識するようになりました。

顔の汗を止める

すると確かに顔に汗をあまりかかなくなったのです。体の他の部分にその分汗が出るようになったのだと思います。

しかし、しかし…。確かに顔汗をあまりかかなくなりメイクも落ちにくくはなったのですが、鼻の下と下唇の下に、粒のような汗を集中してかくようになってしまったのです。

これはこれで悩みです。まんべんなく汗をかいているのと違って、口周りだけ粒のような汗をかいているのも見た目おかしなものです。

なんだかまるでヒゲみたいですから。なので私はタオルハンカチがかかせません。メイク崩れの悩みはなくても、口周りのヒゲのような顔汗…。

なんちゃって歌舞伎役者のマネを止めて、もう顔全体にまんべんなく汗をかこうと思っても、すでに体がそういう体質になってしまったらしくもう治りません。夏場はこまめに顔汗を拭くくらいしか、今の私には出来ることはなさそうです。

少しの手間で報われる!アンチエイジング法

女性に生まれたからにはキレイでいたい!いつまでも若くいたい!と思うことは当然の事ですよね。

肌に衰えを感じた時「もう化粧水のお風呂にもぐりたい…」なんて思ったりして。

そこで日々のひと手間は裏切らないと信じて実践しているアンチエイジング法をご紹介します。

肌の老化を進める原因の一つに紫外線があります。夏の強い日差しだけではなく、曇りの日も紫外線はあり一年を通して肌を襲ってきます。

最近はこれを防ぐUVケアグッツもたくさん出ています。

日焼け止めクリームやパーカー、カーディガンなどのアウター、目を守るためにUVブロックサングラスなどもあります。これらを使って見えている部分は全部守りたいものです。

顔の部分は化粧下地やファンデーションもUV対策用がでており、使い心地ものびも良い物があっておすすめです。

今は金箔の入ったオールインワンゲルなどもあり、微小電流による肌の活性化が期待できるものまであります。

また、体の調子も見た目もキレイに保つのはなんと言っても食べ物です。

アンチエイジングと特に関係しているのが酵素だと言われています。

りんごやバナナなどの酵素を多く含む食品を気にかけてとったり、最近ではお手軽にとれる酵素飲料やサプリも良いですね。

日々できる少しの手間で、いつまでもキレイを目指しましょう。

脇汗は汗染みで一番恥ずかしい場所

汗かきな人でなくても、夏場の猛暑の日の外出は、誰だって汗をかきますし、汗染みもできてしまいます。

サラリーマンなどでよく見かけるのが背中の汗染み。

それを見ると、ああ、暑そうだなぁ、と思うだけで終わるのですが、例えば、とってもキレイな女性がお洒落をして素敵な出で立ちなのに脇の下にぐっしょりと汗染みがあったらどうでしょう。

やっぱり引いてしまいますよね。

私は自分が他の人の脇の汗染みを見る時にどうしても引いてしまうので、自分もこうならないように大変気を使っています。

対策としては、外出する際は、脇の下にデオドラント効果のあるスプレーやクリームを使用する事ですが、それでも長時間経過すると効果も薄れてきてしまいますので、安心をプラスするために、汗染みの目立たない服を着るようにしています。

思い切って襟ぐりの大きく開いたノーズリーブにしてしまえば、汗染みする場所がないですし、ラグランスリーブなど、脇の下に余裕があるデザインなら、汗をかいても染みる事も少ないですし、万が一染みてしまっても、脇の下に布がたっぷりと使ってありドレープもあるため、脇を閉じていれば目立ちません。

ぴったりしたシャツ系やTシャツ系のトップスですと、脇に汗染みが出来てしまったらもうどうする事もできません。

また、色に関しては、汗染みが一番目立ってしまうのがグレーだと思うので、この色は夏場は着ないようにしています。

白や黒を基調に、濡れた時に色がハッキリと変わってしまうような布地にも気を付けています。

そしてもう一つ安心をプラスするために、カーディガンなどの羽織りものを必ず1枚バッグに入れておきます。

ケアや予防をしても万が一汗染みができてしまった時に、これを1枚羽織れば隠す事ができるからです。

脇の下の汗は、体質やさまざまな原因なのですぐには変えられないかもしれませんが、こまめにケアをしつつ、洋服の工夫でかなり防ぐ事は可能です。

埋もれ毛によるアテロームで炎症と化膿が何度も

私は股間近くに出来た埋もれ毛が原因と思われるアテロームが定期的に強い炎症を起こし、何度か皮膚科のお世話になった事がありました。

どちらかと言えば肌ケアに関しては非常にラフであった事は確かでした。例えば肌が痒くなったりカサついてしまった時、入浴時に思い切り爪を立てて強引に垢を落としたり、また強い刺激を与えるボディウォッシュタオルで目一杯強く肌を擦ったりしてしまい、確かに垢は落ちたものの、風呂上がりの肌は赤く熱を持ち、決して快適な状態とは言えないものでした。

特に垢の溜まり易い内股の股間近くは垢を擦った後に肌がザラつき、数か所で時折毛穴を中心に少し丸く膨らみ中央の毛穴が黒く陥没し、いわゆる埋もれ毛の様な状態となってしまったのです。

その辺りの部分がいつしか鳥肌の様な外観となってしまい、ちょっとした嫌悪感を抱く様になってしまった他、実際にこれが原因の炎症と化膿が発生してしまったのです。つまり埋もれ毛となった毛穴に脂肪が溜まった上その中で菌が繁殖し、大きな炎症と痛みを起こしてしまったのです。

数度の炎症の度に皮膚科を訪れ、膿を出す為患部を切開してもらった他、アテロームが酷い毛穴はその袋状となった患部を埋もれ毛ごと摘出するというケースもありました。

その後は上記の様な肌を痛める無理なケアや洗い方を一切止め、肌に刺激を与えない清潔なケア方を教わり実践しました。無理な毛抜きも炎症の原因である事を知り、どうしても気になる部位は炎症で腫れる前に皮膚科で除去してもらう様努めたところ、目立つ部位や症状がやっと僅かな状態となったのでした。

なので今はクリームなどの手当てでなんとかなるようになりました。

最近、脱毛石鹸にものすごく興味がある

普段自分でムダ毛処理をしていますが、さすがにちょっと面倒になってきました。

大概の事は、経験していくにつれて、効率化され、面倒などとは思わなくなるものですが、事ムダ毛処理に関しては、日に日に面倒くささが募っているような状況です。

毛なんて、放っておけば次から次へと伸びてきますからね、どんなに入念に処理をしたとしても、そんなことは急場しのぎに過ぎません。

でね、最近ネットでいろいろ調べていて、脱毛石鹸というのを見つけたんですが、これに今めちゃくちゃ興味を惹かれているんです。

というのも、脱毛石鹸を使えば、ムダ毛を簡単に取り除くことが出来るらしく、今までのような面倒な作業から完全に開放してくれるそうなのです。

しかもね、脱毛効果のみならず、美肌効果も備わっているらしく、つまりは一石二鳥の効果が期待できるわけなんです。

私としては、脱毛石鹸には、それなりにデメリットが内包しているとばかりに思っていました。

だって、毛を取り除くわけでしょ、という事は少なからずお肌に対してダメージがあって、その見返りとしてツルツルのきれいなお肌が獲得できる、みたいなイメージだったんですよね。

だから、脚のムダ毛処理なんかはやっぱり医療脱毛がいいと思ってたわけです。

ところがですよ、毛を取り除くどころか、加えて美肌になるとあっては、これを使わない手はありません。

というわけで、近いうちに必ず購入し、実際の効果のほどを見極めてみたいと思います。

もしもこれでムダ毛処理が効率的に行えるようならば、日常生活が相当楽になるはずで、今まで以上に有意義な時間が過ごせるはずです。

それを考えると今から本当に待ち遠しいですね。

春夏に向けて肌を綺麗に保ちつつムダ毛対策を行う

普段のムダ毛対策は家庭で行っています。

エステやサロンなどに行きたいとも思うのですが、時間や先立つものが無いため自宅でのセルフケアという方法を取らざるを得ないというのが現状です。

自宅ではもっぱらカミソリを使用した処理を行っていますが、たまに毛抜きを使用することもあります。

カミソリは肌に良くないということは重々承知していますので、新しいカミソリを使用したりシェービングジェルを付けてから剃るようにしたりと極力負担をかけないように対策しています。

また、保湿も重要なのでアフターケアも欠かさないようにしています。

しかしムダ毛が濃いということもあり、夏場は毎日のように処理をすることからきっと肌へのダメージは大変なことになっているのでしょう。

なので秋冬は極力露出をしないような配慮をして、カミソリを使用する頻度を抑えるようにしています。

女子力が低いと思われてしまうかもしれませんが、人に見えないような時ならば問題ないと思いますし、肌が痛むよりは良いのではないかと考えています。

抑毛ローションなども使用して、春夏に備えての肌の充電期間といったところだと考えています。

春は肌が荒れやすい季節でもあるので、潤いのある綺麗な状態で臨むことも対策といえるのではないかと思っています。

サロンに通うことが可能な方ならば、秋から冬にかけての時期に通い始めれば夏には綺麗な肌になることが可能といわれているので、春夏に向けて脱毛サロン通いをされると良いのではないかと思います。
(脱毛サロンの情報⇒http://xn--vck1fsa3025bttqli3a4y3a.net/

ずっと仲良しでいるために必要なことについて

夫婦円満、恋人同士がずっと仲良しでいるためには、まずお互いの感じることをきちんと理解していなければいけないと思います。

長く一緒にいればいるほど、口に出さなくても分かってくれるだろうと勝手に思ってしまいがちですが、本音は口に出さないと伝わることはありません。

こんな時はこうして欲しい、ということをきちんと伝えておくことで、相手の望みが何か分かるので、仲良くいることができると思います。
夜の生活についても必要性はあるとは思いますが、それだけで仲良くいられるかと言えばそうではないと思います。

ずっと仲良しでいるためには、やはり本音での会話がどれくらいできているのか、その人の過去を全て知るということも必要だと思います。
小さいころにどのように育ってきたのか、どのようなことで傷ついたことがあるのか、どのようなことで喜びを感じてきたのか、何が一番苦しかったのか、そういうこと全てを語り合うことで、相手を深く知ることができ、これまでよりもっと仲良しになれるのではないかと思います。